• Natsumi

私は肉体ではない、感情でもない


私たちは自分の存在をこの肉体だと思っています。けれど肉体ではありません。盲腸を手術して盲腸をとっても私は私のままです。昨日の自分の肉体の状況と今日の自分の肉体の状況が変わったとしても、私は私のままです。例え、片足を失ったとしても、私は私です。肉体は細胞分裂を繰り返し、日々変化しています。変化しているものに執着することはできないのです。

感情も変化します。昨日好きだった人を今日は嫌いということもあります。昨日ウキウキしていた気持ちが、今日落ち込んでいることもあります。昨日の感情はもう今日は存在しません。つまり私たちは肉体や感情に執着することはできないのです。私たちは肉体でも感情でもありません。本来の自分(魂)は普遍的な存在なのです。

---

I'm not a body, I'm not an emotion

We consider our existence to be this body

But it's not the body

I'm still mine after surgery on the cecum

Even if my physical condition yesterday and my physical condition today change, I will remain mine

Even if I lose one leg, I am not change. it's me

The body repeats cell division and changes daily

You can't be obsessed with what's changing

You can't be attachment with that changing

Emotions also change

Sometimes I hate the person I liked yesterday

The feelings I was happy with yesterday can be sad today

Yesterday's feelings no longer exist today

In other words, we cannot be attachment with the body and emotions

We are neither physical nor emotional

The original self (soul) is a universal existence

NAMASTE

---



閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示