ちょうどいい加減の見極め方

病気にならないためには、日頃から健康的な生活を心がける必要があります。

ヨガでは病気の原因は、完璧主義と生き急ぎすぎ(スピード)と言われています。自然に即して生きていれば健康で、不自然に生きていると病気になると考えられています。

毎日を心地よく過ごすために必要なのは、実は「適当さ」だったりします。「適当」は”いい加減”ではなく”ちょうどいい”ということです。

弦楽器を想像してみてください。

弦をきつく張りすぎると切れてしまい、弦の張りが緩すぎると美しい音色が出ません。ちょうどいい弦の張りを見つける必要があります。私たちの日常も同じで、仕事や子育て、介護などの程よい緊張とプライベートのリラックスタイムをバランス良く保つことが大切です。肩の力を抜くことで、毎日がより幸せになるかもしれません。

NAMASTE

---

How to find the “appropriate"

To avoid getting sick, you need to live a healthy life on a daily basis.

In yoga, the causes of illness are said to be perfectionism and speed(Hurry to live).

It is believed that living in harmony with nature is healthy, and living unnaturally causes illness.

"Appropriateness" is necessary to spend every day comfortably.

Imagine a stringed instrument.

If the strings are too tight, they will break and If the strings are too loose, you will not get a beautiful tone.

You need to find just the right string tension.

The same is true of our daily lives.

It is important to maintain a good balance between moderate tension such as work, child-rearing, and long-term care and relaxing time in private.

Relaxing your shoulders may make you happier every day.



NAMASTE

---



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
*****************************************

美しい身のこなしが人生を豊かにします。おうちで実践できる日常を心地よくする習慣を一緒につくりましょう♡♡♡

  • Yoga with Natsumi
  • Yoga with Natsumi
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Yoga with Natsumi
​yogawithnatsumi@gmail.com
​※携帯電話からご連絡いただく場合、gmailからのメール受信を許可していただきますよう、お願いいたします。